ペルシャ絨毯の模様の背景にあるもの

私の育った家は両親の趣味でペルシャ絨毯を愛用していました。
子供の頃はこの絨毯の模様を不思議に思いました。
「どこの国の人が作ったのだろう」といつも思っていました。
ある日図書館に行ったときに、ペルシャ絨毯についての図鑑があり、「うちにあるのとよく似ている」と、ペルシャ絨毯の詳細について図鑑を読んで知りました。
人の創造性は見事な作品を造りだすのだなと、絨毯の模様に特に興味を持ってしまいました。
日本の畳も素晴らしい模様だと思います。
日本人の心がまさに反映された清い模様だと思いました。
ペルシャ絨毯の模様は、「どんな環境で、どんな心境で造られたのだろう」とよく思いを巡らせます。
現地の人にしかわからない精神性が、この世界的に有名になった絨毯に込められているのだとひしひしと感じたりします。
模様やデザインというものは、ときに言葉を超えた表現力を持っていると感じることがあります。
ペルシャ絨毯はまさにそう思いました。
私も機会がありましたら、自分の心のままに模様のある絨毯を作ってみたいです。